2005年12月29日

冬休み

お休みはいいですね。
普段、毎日目の回る忙しさで過ごしているので、
お休みの有難さを深く味わえます。
寝なきゃ、とか
起きなきゃ、とか
そういうこともなく、
何となく寝て、何となく起きるこの幸せ。
お金を貰うって大変だけれど、
お休みの有難さを知れるので、
すごくいいことなのかもしれない。

無職だったころ、
毎日焦りを感じて過ごしていたことを考えると、
とても有難いし。

2005年もあとわずかですね。
よいことを一つでも二つでも、
駆け込みで得られるといいなと思います。
posted by ポジティ部 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

買物術

最近よくみかけますね。
私はネットショッピングは、
本と下着くらいですけれど。

職場の人は、
お買い物は、大抵、ネットで。
これも、
これも、
これも、
と披露してくれるのでした。
その値段を聞いてビックリ。

本日の気になった記事続きを読む
posted by ポジティ部 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vs睡魔

おやすみですね。
なのに、早起きしてしまいました。

最近、寝る時の集中力というか、
寝つきがよすぎるというか、
予想外の落ち方をしています。
もう少し起きていたいのに、
気づくと、朝方だったり・・・・

知り合いから電話がかかってくるから
ということで、
イヤフォンを耳にさして
お布団に横になって待機しようものなら、
確実に落ちて、
耳の中で直接着信音がなろうが
深い深い眠りについてしまっているのでした。

この頃では、
お腹がいっぱいになると、
食後はもとより、
食事中だろうが、
睡魔に襲われます。

眠いわりには、
おやすみの日に、
こんなに早起きしてしまって・・・・
posted by ポジティ部 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

東京タワー

今日、仕事帰りに、
知り合いと落ち合って、
東京タワー方面に向かって歩き出したのですが、
ふと気が付くと、
「あれ?東京タワーがない・・・」
前方にあったはずのどデカい東京タワーが
なくなっているではないですか・・・・
歩く方向を間違えたかと思いました。
単に、消灯していただけだったのですが、
本当にビックリしました。
私は東京タワー好きなので、
20時ではクローズのお時間ではないことも
わかっていたのですが、
本当に驚きました。

そして、
その後、東京タワーに近づいていくと、
何やら軽快な音楽が流れ、
チラチラと特別イルミネーション演出がなされていました。
みな、ぼんやりとタワーを見上げたり、
携帯カメラでガシガシ撮ったりしていて、
特別感がありました。

個人的なことですが、
いつもの東京タワーの方が好きです。
posted by ポジティ部 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

人の分類

広島で事件があり、犯人が逮捕されました。
ペルー人でした。

ペルー人がみんな悪いかのような分類ですよね。
その人が、犯人だというだけなのに、
他の善良なペルー人は、いい迷惑ですよね。

他にも、国内においても、九州の人はとか
北海道の人はといった風に、地方でくくりつける
分類をされる場合がありますよね。

「北海道の人は、雪道に慣れてる」などというのは
間違ってないと思いますが、「九州の人は、酒が好きだ」
といった分類はどうでしょうか?

その分類が地域的特徴によるものならよいのですが、
必ずしもそうでない場合の方が多いと思います。

また、地域だけではなく、若い人はとか、男の人はと
いった分類もしかりではないでしょうか?

人はそれぞれ個性があるので、そういった属性での
くくり方というのは、されたくないですよね。
少なくとも私はそう思います。

人それぞれの個性に目を向けて欲しいと思うし、
目を向けてあげないといけないなと思います。
posted by ポジティ部 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

負傷

足は大切だと思います。
特に足の親指は。
足は、身体を支える大切な部位です。
ゆえに、
足が痛いと、
本当にツライ。
私は歩くのが大好きですし、
足に結構力を入れて歩いています。
にもかかわらず、
ヒールの高い靴を履いてしまいます。

足が痛い・・・
新しい健康保険証を貰ったことだし、
週末は、お医者へ行こう・・・
posted by ポジティ部 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

疲れ目

憂鬱な月曜日を終え、
駅からバスに乗ってまもなく家という辺りで、
突然、目が痛くなり、
目が開けられなくなって、
ひたすら泣いていた・・・(痛くて)
私は裸眼なので、
コンタクトさんの痛みでは全然ないのですが、
まさにそんな感じで、
痛くて痛くて・・・
何かが目に入ってゴロゴロしている
っていう症状のヒドイヤツという感じで、
本当に辛かった。
今もまだゴロゴロしているのだけれど、
目に何か入っているようにも思えないので、
今宵はゆっくり目を休めようと思います。
転職して、
目を大きく見開いて、
いろいろなものを必要以上に見ようとしていて、
目が疲れているのかもしれませんから。
posted by ポジティ部 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

人生って難解だと思う。
これが正しいと思って進んだ道が、
本当に正しいと思えるのは、
自分自身がそう思う他、
術はないのだから。

私は、
たぶんすごくワガママな性格だろうと思う。
あれはイヤ、これはイヤ。
自分の思い通りにならないことは、
苦痛でたまらない。
この道は、
間違っていたのではないかと、
本気で思ってしまう。
間違えだったら、
何なのだろうとも思うけれど。
人生の道を間違えたと思っても、
その間違えた地点に戻ることは、
二度と再びできないのだから、
本当に人生はもどかしい。
間違えたら間違えたで、
開き直ってしまう勇気もなく、
ただ苦痛に顔をゆがめているだけで、
自分の無力さが虚しくなる。

ここまで、
いろいろなものに守られてすごしてしまったのだろうと思う。
偶然にも、いろいろなものに守ってもらえていて、
だから、ここまで過ごせていたのだろうと思う。

私は弱いので、
独りでは生きて行けないけれど、
生きて行けないと思い込んで弱音を吐きすぎては
いけないのだろうと思う。
苦しい時、
たとえ苦しいと発してしまっても、
その苦しみから逃げてばかりではいけないのだろうと思う。

手っ取り早く強くなりたいと思うけれど、
そんな風に簡単になれるものでもないのだろうと思う。
時間がかかるのかもしれない。
それまで、体力と精神力をもたせないといけないと思う。
posted by ポジティ部 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

暴飲暴食

久々に飲んできた。
ここ数ヶ月あまり飲んでいなかったことに、
今日、飲みつつ酔っ払って気づいた・・・

お酒、弱くなったなと思う・・・
1杯飲んで、
眠くなってしまって・・・
ほんの数ヶ月前までは、
もう少し飲めていたように思うのに・・・

年齢には勝てませんな。
posted by ポジティ部 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

憧れの大人

昨日、
高校時代の友達の家に遊びに行きました。
そのお宅には、
お子が2人(ともに男児)がいて、
生まれた頃から、
ほぼ毎月遊びにいっています。
そのおかげか、
2人ともすっかり馴染んでくれていて
恐らく親戚のおばちゃん
もしくは、
単なる自分の友達くらいに思っていることと思います。

子供は無邪気でいいなと思います。

まだ3歳と1歳なので、
時々難解な発言や言動をしたりしますが、
見ていても戯れていても面白いです。
かなり体力を要し、
帰る頃には、
ぐったり気味ですが・・・

子供は、
いろいろなおもちゃを持っているのに、
大人の持つ携帯電話やデジカメに興味を示し、
それが触りたくて触りたくて、
3歳児、1歳児に関わらず、
奪い合います。
どんなに魅力的なおもちゃが傍にあっても、
やっぱり、
大人が使っているものの方が、
神秘的で魅力的なのでしょうか。
幼少の頃に大人に憧れたりするのは、
この辺から培われるのでしょうか。

モノだけでなく、
人間的にも憧れられるように頑張りたいです。
posted by ポジティ部 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

食欲の秋

数日前から、
無性にカレー(しかもナンで食べるインドカレー)が
食べたくて食べたくて・・・

もともと、
食への執着は、
あまりない私ですが、
これが食べたいとなると、
それ以外にはあまり興味がなくなります。
それほど大食漢でもなく、
他に忙しくやることがあると、
食べなきゃ食べないでいいというくらい、
食への興味がないこともあります。
ですから、
何かが猛烈に食べたい!
というのは、
ある意味チャンスというか、
人間らしくある珍しい部分なので、
そういう時は、
絶対に食べないとダメだ!
と思います。

今週末食べるプランを立てました。
そんな私の欲求の道ずれになる人は、
大変ですよね・・・
posted by ポジティ部 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

再生の場所

何らかの理由で精神的に落ち込んだ時、
気持ちをリセットさせるために、
訪れるお気に入りの場所というものを
どれだけ多くの人がもっているでしょうか。
その場所に依存しているわけでは
決してないと思うのですが、
つい、そこに足を運んでしまうものです。
私は、そういう場所を持っています。
そういう場所を持っていると、
特に何も落ち込みがなくても、
その場所がとても特別に思えて、
行きたいなぁと思ってしまいます。
そういう意味でも、
とても大切な場所に感じられます。

神宮外苑の銀杏が色づき始めているそうです。
posted by ポジティ部 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

新譜

手に入れました
madonnaの新譜。

続きを読む
posted by ポジティ部 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

一週間

1年と少し前までは、日々の業務に追われて
いる毎日で、日が経つのがとても早かったです。
ところが、ちょうど1年くらい前のある週は、
物凄く長く感じた1週間でした。

それまでは、日々の仕事ややりがいを感じて
過ごしていましたが、ぽっかりと穴が
空いてしまったようで、それを満たすための
すべもなく、ボーっとした日々を送るとともに、
約束の日を待ち遠しく思っておりました。

時計で測ると同じ時間でも、人間の感覚とは、
なんと変わるものでしょう。

やりがいとは、人間にとって如何に大切なもので
あるかを思い知らされました。
posted by ポジティ部 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MODISH

1年前の昨日、
楽しみの1日でした。
地獄から抜け出して間もない頃で、
まだフラフラしつつも、
この日を楽しみに頑張っていました。

あれからもう1年が経ちました。
早いものです。
1年前と今の私、
どこか変わったところはあるのでしょうか。
成長しているでしょうか。
posted by ポジティ部 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

日々是勉強

最近まで、転職活動をしていました。
各企業を回り、面接を受けて、面接官と話をしてみると、
なかなか勉強になるなぁと思います。
終わってみると、
大変有意義であったと思います。
仕事をする時、
やらなければいけないことと、
やりたいことを
常に両方持って仕事に望む姿勢を保つ
といっている方もいました。
私も、
そういう姿勢を持って、
仕事をしていきたいと思っています。続きを読む
posted by ポジティ部 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大願成就

【大願成就】(たいがん-じょうじゅ ―ぐわんじやう―)

(名)スル
大願がかなえられること。


大願成就すると、嬉しいという感情より、
ほっとするという感情が先行するようになったのは、
自分が保守的に歳をとってきたからなのでしょうか。
願うことも最近では少なくなったように思いますが、
それは神頼みをしなくなり、
現実の自分を直視するようになったせいなのでしょうか。

神頼みしたいくらいの願いがあるというのは、
本当は幸せなことなようにも思います。
それほどまでの強い気持ちというのは、
持とうと思って持てるものでもないように思います。

積極的に成就させたい大願を、
常に持って生きられるような
熱い人間でいたいものです。
posted by ポジティ部 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

DVD

私は、DVDを買ったことはないのですが、
なんとなく、どんなのがあるのだろうっと
ネット上をウロウロしていると、懐かしいものを
発見しました。



残念ながら、今年も日本一にはなれなかったのですが、
20年前は、見事日本一!
思い出すなぁ。
文化祭の時、こっそり教室に戻って、
数人の友人と一緒に、テレビで日本シリーズを
観戦してました。

来年こそは、日本一になって欲しいです。
応援しています。
posted by ポジティ部 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危機一髪

【危機一髪】(ききいっぱつ)

髪の毛一本ほどの差で危険が迫っている状態。きわめてきわどい場合。
「―のところを救い出された」


今日は人にあいたくない...
という日に限って、
滅多にあわない人を見かけてしまって、
何となく、
逃げてしまうことがあります。
会うわけない!
と思っていると、
危機一髪!
ニアミスしてしまったりして、
必要以上に動揺してしまうものです。
どんな状況においても、
逃げも隠れもしない!
という潔さが欲しいのですが...つい。
そのように、
ニアミスしてしまうことを不運に思いますが、
よく考えると、
完全遭遇せず、
ニアミスで済んでいるのは、
もしかしたら、
強運なのかもしれません。
ましてや、
それを複数回経験すると、
ちょっとすごい!と思ってしまいます。
私は1年に1回くらい、
そんな経験をしている気がします。
posted by ポジティ部 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

五里霧中

【五里霧中】(ごりむちゅう)

〔「後漢書(張楷伝)」から。五里にもわたる深い霧の中に居る、の意〕
方角が分からなくなってしまうこと。
物事の様子がまったく分からず、方針や見込みが立たないこと。


今日初めてお会いした人に、
人生について語られました。
私の過去について、
諭されたようでした。
私は、
誰にでも私の全てを晒せるわけではないので、
諭されたところで、
晒せていない部分について、
理解を示してくれる人ならばいいのに、
と願ってしまったりもしました。
自分自身について、
誰にでも隠すことなく、
全てを開示して生きていける人は、
こんなわけのわからない苦しみは、
想像もつかないのだろうと思います。
そんなことを考えはじめると、
これから進むべきが五里霧中で、
不安になってしまいます。
早く進むべき光が見えてくればいいなと思っています。
そういえば、
1年半前くらいに、
闇の中にいる時、
ペンライトを照らしてくれる人がいたなぁと思います。
早く、光の方へ進みたいです。
posted by ポジティ部 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。