2006年01月09日

負のエネルギー

兎角女の人にありがちな事ではないかと思います。
「○○さんって、ムカつくよねぇ〜」
という会話で、妙な結束をして、
仲良しになったりして・・・
それって、上昇志向がないというか、
後ろ向きのまま安心感を得てしまっていて、
停滞してしまうなぁと思うと、
例え、そのエネルギーによって
あるチームが結束していたとしても、
決して成果を生まないのではないかと思ってしまいます。
エネルギーは正の方向に向いてこそ、
あらゆるものを生み出すのではないか
というのが私の考えです。

つづきは・・・・
posted by ポジティ部 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

徒歩

正月明けたばかりなのに、
すでに連休。
お休みを、
もっと分散して大切に消化したいものです・・・

とはいえ、
お休みの前日は、
少し無茶をしてしまうもので。。。

私は、
普段からわりとよく歩くのですが、
昨日も、
歩き仲間とともに、
4駅くらい歩いてしまいました。
普段一人の時は、
音楽を聴きながら、テクテクと歩くのですが、
二人で歩くと、
いろいろなことを話しながら歩けて、
とても楽しいです。
しかも、
楽しいアイディアとか浮かびやすくて、
とてもワクワクする時間の使い方です。

歩くことは、
脳を活性化させるのでしょうか。

今度、
機会があったら万歩計でも着用してみます。
posted by ポジティ部 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

気持ち

気持ちを語ることの難しさを実感しました。
心を近くに感じていても、
気持ちを語ることができていないと、
ボタンを掛け違えるように
少しずつ問題になっていってしまうのだと思いました。
気持ちを語ることを面倒に思ったり、
避けたい問題に付随した気持ちを語ることを怠ると、
その問題は、
問題として残ったままなのだということが、
今日、わかりました。

気持ちを明かすということは
難しいと思いました。
明かしていたつもりでも、
ふとした時にズレを感じ、
明かせていなかったのだと実感することは、
それなりの衝撃です。

でも、
それに気づけたことは、
とても喜ばしいことです。
解決への糸口になってくれると思っています。
posted by ポジティ部 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

自己開示

相手の言っていることが理解しがたい場合、
自分は、こう思うって率直に言ってみるのも
いいのかなぁって思いました。
いわゆる自己開示だと思います。

自分は、こう思う、こう考える、ということを
相手にぶつけてみてはどうだろう。

きっと、進展があると思います。
例え、その認識が違ってたとしても、
その違ってるということが明確になり、
一歩前進です。

相互理解の第一歩ですね。
posted by ポジティ部 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

「頑張れ」

人を励ます際に、「がんばれ!」と声をかけることが
よくあるように思います。
実際、私自身もよく使ってしまいますが、
それを聞いた側は、どんな気持ちなんでしょう。
実際、その声で励まされるケースも少なくは
ないと思いますが、時にはその励ましを
重圧に思ったりすることはないでしょうか?
「私自身、一生懸命頑張っているのに」とか
「もう、これ以上頑張りたくなにのに」とか
という気持ちの場合もありますよね。

本当は、もっと具体的な行動を引き出した上で、
その行動に向けて「がんばれ!」と声をかけて
あげるのが一番いいのでしょうね。
社交辞令的な「がんばれ」ではなく、
相手のことを本当に思いやり、いっしょになって
課題解決に向かっていくときこそ「がんばれ」と
いう励ましが有効になるのではないかと
感じました。

言葉では「がんばれ」であっても、
実際は、「がんばろう」なんでしょうね。
posted by ポジティ部 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

懐かしい想い出

休み明けの出勤で、
かつ、
まだまだ不慣れな新たな職場へ足を運ぶのが、
憂欝でした。
憂欝なりに懐かしいこの感覚は何かしら!
と思ったら、
転校した時の気分と同じでした。

私は転校の経験がわりと多く、
あの独特の孤独感をうっかり思い出して、
懐かしいやら悲しいやらで、
かなり弱気になりました。
そんな時、
つい頼ってしまうのがポジティ部員で、
弱った時はいつも助けてもらっています。
改めてありがとう。
頑張ります。
posted by ポジティ部 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

心地良い疲れ

私は、歩くのが好きで、時間さえあれば、
電車に乗らず、自らの徒歩圏を拡大していきます。

終電で寝てしまって、終点まで乗り過ごしたときも、
タクシーなど使わずに、夜中、汗だくになりながら、
2時間以上もあるいたこともあります。

後で、振り返って、結構歩いたなぁって
地図を眺めながら、満足感に浸ります。
更に、それを人に話して、「ばかじゃない」って
言われれば言われるほど、快感に思ってしまいます。

先日は、独りではなく歩いていたので、
いつもに増して、距離が気にならず、
随分歩きました。

脚の方は、やや疲れてるようでしたが、
とても心地の良い、疲れでした。

つづきは・・・・
posted by ポジティ部 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

喧嘩の美学

何やら勇ましいタイトルにしてしまいましたが、
喧嘩って、ものすごく体力が要るし、
できればしたくないけれど、
喧嘩をせずに生きられる人はいるのでしょうか。
喧嘩は、
相互理解のための、
究極のコミュニケーションであると思います。
体力も、精神力も使って、
相手に自分をわかってもらおうとし、
また、
相手のそれも受けるとなると、
相当大変です。
でも、その力強いコミュニケーションは、
理解を生み出すと思います。
本当ならば、
冷静に、感情的にならずに
相互理解を得る努力はすべきだと思います。
しかし、
やはり、あらゆる状況次第では、
喧嘩に至ってしまうことだってあると思います。
今日の喧嘩を、
未来のためだと前向きに考えるようにしたいものです。
posted by ポジティ部 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

友達の輪

1年前、友達に友達を紹介しました。
どちらも私にとって自慢の人なので、
その2人が仲良くしてくれるのは、
不思議なようで、
でもやっぱり幸せでした。
輪が広がる感じでとても喜ばしいことでした。
友達の友達…という感じで繋がるのは、
メロメロパークも同じだなぁと思います。

最近、
mixiというのを始めました。
今は友達との掲示板のような使い方になってはいますが、
友達に友達を紹介してスタートさせる
という仕組みがいいなぁと思っています。
blogとはまた違って、
面白いコミュニケーションツールだなぁと思います。
posted by ポジティ部 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

一諾千金

【一諾千金】(いちだく-せんきん)

〔史記(季布伝)「得二黄金百斤一、不レ如レ得二季布一諾一」〕
一度承諾したことは、千金にもかえがたいものであり、
必ず守らなければならないの意。


信頼関係とは、約束を守ることから始まると思います。
それがどんなに小さなことでも、
約束を守ることにより、
その人を信頼することができます。
信頼を得るには、一諾千金であろうと思います。
信頼を得るには、
コツコツと小さな努力のようなものを積み重ねる必要があります。
しかし、
信頼を失うことは、
ホンの一瞬でできてしまいます。
これまで積み上げてきたものがどんなに深く温かいものであっても、
失う時は、一瞬です。
信頼関係とはそれくらい繊細なものなのだと思います。
中には、
誤解から生じた行き違いということもあります。
相手の意を汲んだつもりでも、
必ずしも相手がそう思っているとは限らないので、
やはり、
コミュニケーションが重要であろうと思います。
コミュニケーションをたくさん取ることによって、
信頼を得るチャンスもたくさん得ることが出来ると思います。
人は、一人では生きられないのですから、
本当は信頼しあって支えあいたいと思っているのだろうと思います。
皆がコミュニケーションを大切にしてくれればいいなと思います。
posted by ポジティ部 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

臨機応変

【臨機応変】(りんきおうへん)
その時々の場面や状況の変化に応じて、適切な処置を施すこと。

プレゼンテーションをやる際に、自分でストーリーを
組み立てて、話す内容を整理するのですが、
あまり、整理しすぎて、細かなストーリーを
設定すると、途中でアクシデントが起きた場合の
対処策が取れません。

過去に、かなり自信のある企画を提案するために、
営業担当に同行し、客先に向かったことがあります。
自分でもなかなかの企画と思い、企画のすごさを
アピールするために話すストーリを考えており、
ある程度の質疑も想定しておりました。

ところが、想定もしないことが発生したのです。
それは。。。
なんと、私の隣に座っている営業担当の発言でした。
お客様は、私の企画提案に同調し、うなずいているにも
関わらず、私の企画を十分に理解もしないで、
自分の営業パターンで話始めたのです。

その企画というのが、従来の営業パターンを
覆す内容であったにもかかわらず、相反する
ことを言い出したのです。

それまでのストーリーを聞いてれば、
内容は理解できるはずなのに、
その内容を全く無視した発言。

その呆れた行動に、戸惑ってしまい、
その後のプレゼンテーションがまともに
行えませんでした。

予め、営業担当の特性を想定できてなかったことが
まずかったのですが、そういう事態が発生しても
臨機応変に対応できる、心構えが必要だなと
感じました。

これは、プレゼンテーションだけでなく、
面接の時も同じだと思います。
準備をいい加減にしろということではないですが、
ガチガチにストーリーを固めてしまうのではなく、
話の流れに柔軟に対応することが大切だなと
思います。
posted by ポジティ部 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(1) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

無我夢中

【無我夢中】(むがむちゅう)
物事に心を奪われて、我を忘れた状態になること。

私自身、熱い人間だと思っております。

去年の秋頃、ものすごく熱く
生き方や考え方について語り合っていたことを
思い出します。

そして、ちょうど1年前でしょうか、
ある転機がおとずれ、私は無我夢中で、
自分自身の気持ちや考え方を熱く告白してました。

汗と涙と鼻水が流れていたのを思い出します。

しかし、1年経った今でも、熱い想いは
語り続けています。
posted by ポジティ部 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

以心伝心

【以心伝心】(いしんでんしん)

(1)〔六祖壇経「法即以レ心伝レ心、皆令二自悟自解一」〕
 禅宗で、言葉では表せない仏法の神髄を無言のうちに弟子に伝えること。
(2)考えていることが、言葉を使わないでも互いにわかること。


「今言おうと思った!」とか
「言うと思ったぁ〜」とか、
言ったり言われたりすることがよくあります。
言わずとも、相手に気持ちが伝わったり、
同時に同じことを考えていたりする経験を
好きな人や仲のよい人との間で生じると、
以心伝心だなぁとジワリと喜びを感じたりするものです。
テレパシーかぁ?
などと頬を赤らめたりしたいものですが、
恐らく以心伝心とは、
テレパシーとかそういう類のものではないのでしょうね。
心が伝わりあう前には、
心を伝えるための作業が完了してあるはずです。
そうなる前提として、
十分なるコミュニケーションを取っているからでしょう。

私は以心伝心を経験するたびに、
コミュニケーションの充実を実感し、
満足感に浸ります。
posted by ポジティ部 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

オリジナル

今日の予報は雨と聞いておりましたが...
素晴らしい秋晴れです、今は。
これから雨が降る確率が上がるとのことですが、
太陽がサンサンと照りつけております。
当たる天気予報が知りたいです。
民放各局は、
何の変哲も無い横並びな天気予報なので、
独自の路線で予報を出してくれる天気予報に期待したいです。
以前にも書きましたが、
好きで毎週書かさずチェックしている
The Color Television Network
イグザンプラー」では、
独自の検索方法によるお天気を出しています。
何といい加減な...と当初思っていたのですが、
これが意外に当たっていたりして、
すごいなぁと思います。
これを信じて傘の携帯を考えたいのですが、
この番組、毎週土曜のみなので、
基本、翌日の日曜日の天気しかわかりません...

インターネット社会になって情報も溢れ出し、
利用者が情報を選べる時代になりました。
ゆえに、情報提供者は、
そのオリジナリティにもこだわってもらいたいものですね。
posted by ポジティ部 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

待ちあわせ

待つ人と待たせる人の分担は常に決まっているように思う。
待つ人は、いつも待つ。
待たせる人は、いつも待たせる。
でも、世の中はそれでバランスがとれているのだろうと思う。
いつも待つ人が、人を待たせてしまうとしっくりこなくて、
かえってバランスが崩れてしまうように思う。

ちなみに私は待つ係だと自覚している。
だから人を待たせることはあまり得意ではない。
いつも待つばかりだけれど、
どうせできないのだから、
待つことに苛立たず、
待つことに撤して喜びを感じるべきだと思う。
それができれば、
苦しみはないのだけれど…
丸い大人になるための目標でです。
posted by ポジティ部 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

未来

最近、人生についてよく考える機会があります。
結構いい歳になってきているのに、
今さら、考えます。
老後のこととかも考えたりして、
普通に不安になったりもしています。
自分がこれからどんな人生を歩みたいのか、
もっと強いイメージを持ちたいなぁ
というのが今の目的な気がします。

先日、ある人が、
自分は、3年後、5年後、7年後・・・と、
それぞれの自分をイメージしておいて、
今をそれに向けて突き進む、
といっていました。
何となくそう思っている人は多いと思うのですが、
きっちりとそう思っている人は、
どれくらいいるのだろうかと思います。

私も、ぼんやりとではありますが、
少しずつイメージができつつあります。
もっと頑張らないといけないなと思います。
posted by ポジティ部 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

笑い

ポジティ部とはいえ、
ここ最近、
あまり前向きにはなりきれない事柄に取り巻かれ、
軽く落ちていたのですが、
今日、親しい人と逢い、
東京の高いところに上り、
大いに笑う機会を得、
何となく、
気分が楽になったように思えました。
「笑う」ということだけで、
こんなにも気分が違うものかと、
久々に実感しました。
笑う門には福来る
といいますが、
心の健康には、
何よりの治療法だなと思いました。

男の背中.JPG
posted by ポジティ部 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

防衛本能

最近、裏切られることが多くなったように感じます。
恐らく、人間好きがアダになっているのではないかと思いますが。
人間が好きだと、
その人のことを信じてしまうものです。

世の中には、
自分の発言に責任を持たない人も多いように思いますが、
そういう人と関わると、
大抵裏切られます。

「信じたのに・・・」という結果になってしまった場合、
きっと何か理由があるのだろうと思いますが、
その理由をきちんと伝えてくれれば、
納得できるのではないかと思いますし、
説明をするという形で、
責任を取ったことになるのではないかと思います。

世の中が忙しくなって、
益々、傷つくことが多くなりそうです。
自分を鍛えて、ちょっとやそっとでは傷つかないように、
自己防衛の術を身につけなくてはいけませんね。
posted by ポジティ部 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

想い出の品

一見何の変哲もないものでも、
個人的には想い出深いものってありますよね。
歳を重ねれば重ねるほど、
そういう類のものは増えてくると思います。
ですが、
やはり想い出の品の中心は、
中学生や高校生の時のものが
多いようにも思います。
私は、高校時代の体育祭と文化祭の時に
クラスで作ったオリジナルTシャツが合計6枚(3年分)、
大して着るわけでもないのに、捨てられません。

外国では、企業のオリジナルTシャツがあるところもあるようですね。
以前、企業Tシャツを貰って、
普通に普段着として日本で着ていました。
見る人が見れば(外国の人)、
その光景が相当愉快だったらしいですが・・・
日本の企業には、あまりそういう風習はないようですが、
TV番組で、スタッフの人が、
その番組のロゴが入ったお揃いのTシャツを着ているのを
見ることもあります。
同じTシャツを着て、
心をひとつにするというのは、
とても原始的なことのように思いますが、
とても効果的な気もします。
posted by ポジティ部 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

顧問

最近、体調があまりよくないなぁと思うことがあります。
ですが、病院にはいきません。
行くとものすごく時間がかかってしまい、
時間の無駄だから、
ということも理由のひとつですが、
お医者さんをあまり信用していないから、
ということも理由としてあります。

身体の不調を訴える時、
生活や精神状態の変化が影響していることが多いような気がするのですが、
病院に行って、初めて会ったお医者さんに、
全く知らない私の変化など、知る由もありません。
ゆえに、
自分でお医者さんに説明するわけですが、
理解して頂けているようには思えないのがいつもの感触です。
恐らく、
「患者は大げさに言う」
という固定概念がお医者さんにあるのではないかと思います。
ですから、
「大丈夫、大丈夫」
といわれるのがオチです。
そのような姿勢でいられると、
「もういいや・・・こなきゃよかった」
という気分になり、話をしようという気力が失せます。
お医者さんに、
コミュニケーション能力を求めるのは無謀なのでしょうか。
自分で生活なり精神状態なりのその変化には気づいているわけですが、
その変化が身体にどのように作用すると
この身体の不調に繋がるのかというプロセスがわからず、
お医者さんに相談したい、教えてもらいたい、
と思うものです。
十分なコミュニケーションが取れない場合の診察等は、
意味があるのか疑問です。
そして、それが信用していない所以です。
ゆえに、顧問医師の如く、
変化を理解してもらえるくらいの距離に、
いつもお医者さんがいてくれたら信用できるのになぁ、
というのが仄かの願いです。
posted by ポジティ部 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。